サッカー日本代表 応援サイト | SOCCER SUPPORTER

サッカー日本代表 応援サイト | SOCCER SUPPORTER ロゴマーク(白)

サッカー日本代表 応援サイト

ホーム サッカー日本代表選手データ 久保建英 Takefusa Kubo データ・市場価値

久保建英 Takefusa Kubo データ・市場価値

久保建英 データ・評価・採点 Takefusa Kubo

久保建英 データ・評価・採点

久保建英 FOTMOBのデータ・評価・採点

久保建英 市場価値

久保建英 transfermarktによる現在の市場価値

久保建英 市場価値 久保建英 transfermarktによる現在の市場価値

久保建英 プロフィール

選手データ(主要ポジション・市場価値)、追加情報、移籍履歴、ユースクラブ、パフォーマンスデータ

久保建英 ランキング 2024/06/09

 2024/06/092024/05/312024/03/31
世界ランキング(全世界の選手中)85位61位62位
ラ・リーガランキング(ラ・リーグの全選手中)14位13位13位
レアル・ソシエダ(レアル・ソシエダの全選手中)1位1位1位
日本(日本の全選手中)1位1位1位
右ウィンガー(右ウィンガーの全選手中)12位6位7位
2001年(2001年生まれの全選手中)11位8位8位

※2024年6月9日でのランキング

久保建英、ラ・リーガ年間最優秀選手 & U-23最優秀選手賞に唯一のダブルノミネート!

2024/05/16 レアル・ソシエダMF久保建英は、「ラ・リーガ・アワード」で2部門にノミネートされた。15日に発表された「ラ・リーガ・アワード」で、久保は最優秀選手賞、U-23最優秀選手賞の2部門にノミネートされた。

ラ・リーガ公式が発表する「ラ・リーガ・アワード」は、出場試合数やゴール数、プレースピードや守備などを数値化して評価し、毎月発表されてきた。そして5月28日のセレモニーで、年間の受賞者を発表することになる。ファン、チームキャプテン、そして委員会による投票で勝者が決定するが、その中で日本代表MFは最優秀選手賞とU-23最優秀選手賞を争うことになる。

ラ・リーガ年間最優秀選手ノミネート
ジュード・ベリンガム(レアル・マドリー)
久保建英(レアル・ソシエダ)
アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリー)
アルテム・ドフビク(ジローナ)
キリアン・ロドリゲス(ラス・パルマス)
ロベルト・レヴァンドフスキ(バルセロナ)
ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリー)
イスコ(レアル・ベティス)
アレイクス・ガルシア(ジローナ)
アレクサンデル・スルロット(ビジャレアル)
ラ・リーガU-23最優秀選手ノミネート
ラミン・ヤマル(バルセロナ)
ハビ・ゲラ(バレンシア)
ロドリゴ(レアル・マドリー)
ヤン・コウト(ジローナ)
サヴィーニョ(ジローナ)
ジョニー・カルドーゾ(レアル・ベティス)
パウ・クバルシ(バルセロナ)
ミゲル(ジローナ)
ニコ・ウィリアムズ(アトレティック・クルブ)
久保建英(レアル・ソシエダ)

欧州5大リーグのドリブル成功率トップ10入り

2024/05/10 レアル・ソシエダの地元紙『Noticias de Gipuzkoa』は「才能ある日本人選手はヨーロッパでトップ10に入るドリブラー」と題した記事で、『CIES Football Observatory』(スイスを拠点とするサッカー関連調査機関)によるドリブル成功率のデータを紹介。久保のスタッツが93パーセントで、欧州5大リーグ(スペイン、ドイツ、イタリア、イングランド、フランス)のウインガーでトップ10に入ったと伝えた。

 トップ10入りしたその他の選手は、マンチェスター・シティのジェレミー・ドク、バイエルンのキングスレー・コマン、パリ・サンジェルマンのウスマンヌ・デンベレ、ミランのラファエウ・レオンなど錚々たる顔ぶれ。『Noticias de Gipuzkoa』も「クボがワールドクラスの選手と同じランキングに並んだ」と綴った。

久保建英 ラ・リーガ年間ベストメンバー(TOTS)候補にノミネート!

2024/05/03 ラ・リーガは2日、年間ベストメンバーにあたるチーム・オブ・ザ・シーズン(TOTS)を選出する特設サイトをオープンし、候補者50名を掲出した。候補者の中には、レアル・ソシエダに所属する日本代表MF久保建英もノミネートされた。

 ラ・リーガとパートナーシップを締結するエレクトロニック・アーツ株式会社(EA SPORTS)は、シーズンにおいて最も活躍したGK1人、DF4人、MF3人、FW3人、そして次に多くの票を獲得した4人の計15人を選出し、今シーズンの最優秀チームを決定している。

昨年と同様であれば、5日まで実施されるファン・サポーターの一般投票と有識者によって、最終的な15人が決められる予定となっている。

久保建英は今季のラ・リーガで26試合に出場し、7ゴール3アシストを記録。9月には日本人初のラ・リーガ月間最優秀選手に選出されていた。なお、最多選出クラブは、アンドリー・ルニンやヴィニシウス・ジュニオールらが選出された首位レアル・マドリードで8人。次いでバルセロナとジローナが6人ずつとなった。

 2023-24シーズンのラ・リーガTOTSに選出されたメンバーは下記の通り。

▼GK
ウナイ・シモン(アスレティック・ビルバオ)
アンドリー・ルニン(レアル・マドリード)
アルバロ・バジェス(ラス・パルマス)
▼DF
アクセル・ヴィツェル(アトレティコ・マドリード)
ヘルマン・ペッセージャ(レアル・べティス)
ダニ・ヴィヴィアン(アスレティック・ビルバオ)
ミゲル・グティエレス(ジローナ)
セルジ・カルドナ(ラス・パルマス)
ディエゴ・リコ(ヘタフェ)
セルヒオ・ラモス(セビージャ)
アントニオ・リュディガー(レアル・マドリード)
ロビン・ル・ノルマン(レアル・ソシエダ)
デイリー・ブリント(ジローナ)
ジョアン・カンセロ(バルセロナ)
オスカル・ミンゲサ(セルタ)
ダニエル・カルバハル(レアル・マドリード)
ロナルド・アラウホ(バルセロナ)
ミカ・マルモル(ラス・パルマス)
ヤン・コウト(ジローナ)
▼MF
キリアン・ロドリゲス(ラス・パルマス)
フェデリコ・バルベルデ(レアル・マドリード)
ジュード・ベリンガム(レアル・マドリード)
フレンキー・デ・ヨング(バルセロナ)
イスコ(べティス)
アレックス・バエナ(ビジャレアル)
ペペル(バレンシア)
イニゴ・ルイス・デ・ガラレタ(アスレティック・ビルバオ)
イルカイ・ギュンドアン(バルセロナ)
トニ・クロース(レアル・マドリード)
アレイクス・ガルシア(ジローナ)
マルティン・スビメンディ(レアル・ソシエダ)
▼FW
ウーゴ・ドゥロ(バレンシア)
アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード)
イニャキ・ウィリアムス(アスレティック・ビルバオ)
ユセフ・エン・ネシリ(セビージャ)
ジェラール・モレノ(ビジャレアル)
久保建英(レアル・ソシエダ)
メイソン・グリーンウッド(ヘタフェ)
サヴィオ・モレイラ(ジローナ)
アルテム・ドフビク(ジローナ)
ニコ・ウィリアムズ(アスレティック・ビルバオ)
ロベルト・レヴァンドフスキ(バルセロナ)
サムエウ・リーノ(アトレティコ・マドリード)
ボルハ・マジョラル(ヘタフェ)
アルバロ・モラタ(アトレティコ・マドリード)
ラミン・ヤマル(バルセロナ)
ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリード)
ルイス・リオハ(アラベス)
アンテ・ブディミル(オサスナ)
ロドリゴ(レアル・マドリード)

久保建英「欧州有数の若手ドリブラー」CLのベストウインガー11傑に選出!

2024/04/22  世界最高峰の舞台でも、久保建英のスキルは評価されている。

『GiveMeSport』は4月21日、2023-24シーズンのチャンピオンズ・リーグ(CL)におけるウィンガーのベスト11人をリストアップした。レアル・ソシエダに所属する久保は10位にランクインしている。

昨季にソシエダに完全移籍してから飛躍を続けている久保。今季は公式戦36試合に出場し、7得点・4アシストを記録している。CLではノーゴールだが、レッドブル・ザルツブルク戦でアシストを記録。昨季準優勝のインテルとの試合でもインパクトを残し、グループ首位での決勝トーナメント進出に貢献した。

GiveMeSportは「スペインの複数クラブに何度もレンタル移籍したのち、2022年に完全移籍してから、クボはソシエダでようやく家を見つけたようだ」と報じている。

「意外にもまだ22歳という若さだが、興奮と期待に包まれている」

 また、同メディアは久保を「そのコントロールやドリブルスタイルから『日本のメッシ』とも呼ばれた小柄なMF」と評して続けた。

「欧州有数の若手ドリブラーとしての地位を確立した今、バルセロナやレアル・マドリーへの復帰も遠くないかもしれない」

 古巣復帰のほかにも、リバプールからの関心など、様々なうわさが後を絶たない久保。日本の至宝は、今後どこまでの高みに到達できるのか。期待は増すばかりだ。

 なお、GiveMeSportによる今季のCLにおけるウィンガーのベスト11は以下のとおりだ。

順位名前チーム
1ウスマンヌ・デンベレパリ・サンジェルマン
2キリアン・エムバペパリ・サンジェルマン
3ジェレミー・ドクマンチェスター・シティ
4フビチャ・クバラツヘリアナポリ
5ラミネ・ヤマルバルセロナ
6ヨハン・バカヨコPSV
7ジャマル・ムシアラバイエルン
8ブカヨ・サカアーセナル
9ジョアン・カンセロバルセロナ
10久保建英レアル・ソシエダ
11ラファエウ・レオンミラン

23歳以下のランキングで世界9位

2024/04/11 スイスのサッカー専門調査機関「CIES Football Observatory」(CIES)は、独自統計モデルによる推定移籍金で日本代表MF久保建英が161億円で世界9位に輝いた。
順位名前チーム金額(ユーロ)
1ラミネ・ヤマルFCバルセロナ1億4500万
2フロリアン・ビルツレバークーゼン1億2900万
3コール・パルマーチェルシー1億1700万
4シャビ・シモンズライプツィヒ1億1600万
5ラスムス・ホイルンドマンチェスター・ユナイテッド1億800万
6アレハンドロ・ガルナチョマンチェスター・ユナイテッド1億800万
7ジェレミー・ドクマンチェスター・シティ1億700万
8ジョアン・ネビスベンフィカ1億500万
9久保建英レアル・ソシエダ9800万
10ニコラス・ジャクソンチェルシー9700万
PAGE TOP